販売職として、同業者を厳しい目で見てしまう。

普段販売職としてお客様に接している私は、
お休みの日のお買い物で接客される側になると途端に厳しくなってしまいます。

ここはもっとこうした方が感じがいいのに…と採点してしまうのです。

今日もお洋服を試着した時に、販売員さんのリアクションが小さかったんです。

私だったら、満面の笑みで、少し大げさなくらいに「お客様、お似合いです~!とってもお綺麗です!」と称賛するのに。


その店員さんは、試着室から出てきた私を黙って見つめて、なんて発言すればいいか、頭で必死に考えているのでしょう。

無表情だし、なんだか私が悪いことでもしているのかしらという気分になってしまいました。

そこは笑顔でお似合いですの一言が欲しいのに。

いかんいかん。

私はお客様に接するときは、お客様賞賛を忘れないようにしたいと思います。

Comments are closed.